部署のご紹介

  • ホーム
  • 部署のご紹介
  • 部署のご紹介

    外来

     外来部門は1階に整形外科、2階に心臓血管内科・外科、呼吸器内科・外科、消化器内科・外科、脳神経内科、脳神経外科、糖尿病代謝内科、血液内科、臨床腫瘍科、泌尿器科、皮膚科、乳腺・内分泌外科、産科・婦人科、形成外科、耳鼻咽喉科、眼科、小児科、緩和ケア外科、心療内科・精神科、外来化学療法室があります。外来には、がん化学療法看護認定看護師、皮膚・排泄ケア認定看護師、糖尿病看護認定看護師の3名がいます。より専門性の高いケアの充実とスタッフ教育の充実を図り、患者さんに信頼と安全、安心の医療と看護が提供できるように笑顔とともに心がけています。

    放射線科外来

     放射線科外来では、医師、看護師、放射線技師などがお互いに協力し合いながらCT、血管造影、透視、内視鏡検査など放射線を主に扱う領域に関して幅広く、日々奮闘しています。新病院になり、機器が充実し、心臓カテーテル検査やCT、MRIが多く出来るようになり、脳血管造影、下肢血管形成術も増加傾向です。また治療部門では県内初となるサイバーナイフが導入され、リニアックとともに、高精度な放射線治療を行っています。スタッフは緊急の検査・治療に即座に対応できるよう拘束体制をとっています。これからも患者さんへの思いやりをモットーに日々努力していきます。

    手術部・材料室

     手術部・材料室は手術部が3階、中央材料室が地下1階にあります。手術室は現在9室を使用し、麻酔科医5名、看護師26名、臨床工学技士9名が、内科・外科を問わず各診療科(心臓血管外科・脳神経外科・眼科・外科・整形外科・形成外科・産科・婦人科・泌尿器科・耳鼻咽喉科・皮膚科など)の手術を行っています。スタッフは患者さんと接する時間は少ないですが、患者さん情報の共有とスタッフ間のコミュニケーションを十分に取り、自分たちができる最高の医療や看護を提供できるよう日々努力しています。また、多職種との連携でよりよい周手術期のケアができるようにチーム一丸で取り組んでいます。

    集中治療病棟

     集中治療病棟では、心臓血管外科や脳神経外科術後をはじめ、胸部・消化器外科などの予定または緊急手術後のほか、敗血症など重篤で生命の危機的状況にある患者さんに対して、患者さんの思いを大切に看護ケアをおこなっています。「安全・信頼・チームワーク」を合言葉に、臨床工学士や薬剤師、リハビリ部門、栄養部門など他部門と連携しながら、チーム医療を提供しています。緊迫した環境でありながら笑顔の多い部署であり、より質の高いケアを提供するためにスタッフ教育に力を入れています。

    4階北病棟

     NICU6床、GCU10床を含む小児内科と眼科、整形外科をあわせ51床の病棟です。地域の周産期医療を担うという病院の方針のもと早産児、低出生体重児を受け入れています。週に1回、産科医師、小児科医師。両病棟師長とスタッフで周産期カンファレンスを持ち、切迫早産妊婦情報、NICUに入院している患者の情報を共有しスムーズに母体搬送の受入れができるよう情報交換をしています。一般小児科では救急入院がほとんどです。ご家族の不安を少しでも軽減できるよう24時間スムーズな入院受入れを心がけています。整形外科では医師、看護師、OT,PTと連携を取りながらADLの向上、機能維持を図り患者さんの退院後の生活を考慮した支援を行っています。整形外科や眼科の患者さんは短い入院期間の中でもADLが低下した患者さんが多いため転倒事故防止を目標にあげ、安心安全で信頼される看護を提供できるようがんばっています。

    4階南病棟

     4階南病棟は、44床のべッドを持つ産科・婦人科、乳腺・内分泌外科の混合病棟です。いかなる時も優しさを基礎に、病院の基本理念「われらが思い」及び及び基本方針、看護部の目標にそって医療・看護を行っています。「優しい看護・ケアを提供できる」を病棟の目標にあげ、明るいチームワークで患者さんを支える看護を実践しています。地域の先生方の紹介患者さんがほとんどで、地域と連携をとっています。婦人科患者さんの多くは手術や化学療法及び放射線治療を中心に、産科患者さんは妊娠経過にリスクがある患者さんが多く入院されています。日頃より助産師、看護師としての看護の基礎をしっかり構築し、各専門分野の知識を身につけていけるように自己研鑽に取り組み、常に患者さんにとって良い看護が提供できるよう心掛けています。

    5階北病棟

     5階北病棟は、心臓血管内科・外科、形成外科、乳腺内分泌外科で構成する混合病棟です。51床の病床数ですが、当該診療科以外の患者さんも日々入院され、十数科の診療科を有することも度々あります。様々な疾患の患者さんへの対応が求められ、看護師は患者さんの安全を第一に考え、日々看護に当たっています。煩雑で緊張した毎日ではありますが、優しさと笑顔を忘れず、患者さん・ご家族の身になって看護を提供することを心がけています。また、スタッフ間でも思いやりを持って日々の業務に当たることを心がけています。多くの診療科の医師やリハビリ部門、薬剤師、ソーシャルワーカーなどの他職種とコミュニケーションを取りながら、患者さんの一日も早い回復を願って、チーム医療に取り組んでいます。

    5階南病棟

     5階南病棟は心臓血管内科・心臓血管外科の心臓疾患の患者さんが多く入院されます。ベッド数は44床でCCU6床を備え、急性心筋梗塞や重症心不全、肺塞栓症等の患者さんを24時間体制で受け入れています。また、冠動脈バイパス術や弁置換等の手術を受ける患者さんも多く入院され、術前、術後の管理を行っています。CAG・PCIは月~金曜日の午前・午後(木曜日は午前のみ)実施しており、入院時よりクリニカルパスを使用しています。看護師はCCUと一般の2つのチームに分かれ、PNSにて看護を行っています。安全・安心で質の高い看護サービスの提供を目指しています。また、リハビリ部門や薬剤師など他部門とも連携を取り、よいよいチーム医療の実現に向け努力しています。

    6階北病棟

     6階北病棟は皮膚科・泌尿器科・耳鼻咽喉科・脳神経外科・神経内科・糖尿病代謝内科などの混合病棟で、多岐にわたる疾患を対象としています。様々な疾患の患者さんに対し、多職種でカンファレンスを行って患者さんとご家族を支援しています。チーム医療の実践と地域連携の推進を目標にしています。

    6階南病棟

     6階南病棟は消化器内科・消化器外科のベット数49床の病棟です。消化器疾患の検査・診断、内視鏡的治療から外科的手術などを扱っています。肝臓の治療ではRFA(ラジオ派凝固治療)やサイバーナイフ治療も行なわれています。また地域支援病院として救急患者の受入れのためのベット調整から多職種との協働で患者さんの入院から退院までの支援を行っています。新病院になりスタッフ共々さらに精進し患者さんに寄り添い安全で安心できる医療を提供しています。

    8階南病棟

     8階南病棟は呼吸器内科・呼吸器外科・血液内科・臨床腫瘍科の混合病棟です。病床数は42床で、主に呼吸器の手術療法を主とした外科的治療と、そのほか化学療法も行われています。手術後の観察やケア、また、緊急入院・緊急手術の対応に追われる忙しい毎日ですが、患者さんが回復していく姿に励まされながら日々頑張っています。看護師は病棟師長をはじめパワフルなメンバーがそろっており、忙しいながらも楽しく仕事に励んでいます。これからも患者さんが入院生活を安全で安心して過ごせるよう、皆で力を合わせて頑張ります。

    救急科

     当科は平成25年救急科開設、平成26年新病院移転に伴って救急外来はヘリポートや初療室など立派な設備を持つことができました。このおかげでより多くの救急患者様をスピーディーに受け入れることが可能となりました。また、平成27年には救急病棟16床がオープンし、夜間の入院患者の受入れがスムーズになっています。救急スタッフは、救急の特定看護師1名と認定看護師2名を中心に緊急度の高い患者様へ最良のチーム医療や看護を提供できるよう個々のスキルを高める努力をしています。現在、救命救急センター開設に向け整備を進めているところです。

  • 説明会・病院見学会
  • ページのトップへ