先輩からのメッセージ

  • ホーム
  • 先輩からのメッセージ
  • 先輩からのメッセージ

    看護師を目指したきっかけ

     私は幼い頃より病院に掛かることが多く、看護師の方と関わることが多くあり、看護師の方からたくさん励まされてきました。患者さんの1番近くで力になれ、回復の手助けができる看護師になりたいと思うようになり、看護師を目指すようになりました。

    みなとメディカルを選んだ理由

     みなとメディカルでは新人研修やラダー研修がたくさん組まれており、知識、技術を確実に身に付け、自身のレベルアップができると考えたからです。また、看護学生時代にみなとメディカルで多く実習をさせていただきました。その際、患者さんと真摯に向き合い、丁寧に接している看護師の方々が印象的で自分の目標となり、ここで自分の看護を磨いていきたいと思い、就職を希望しました。

    どのような看護師になりたいか

     1年目の時は、毎日「フレッシュナース」のバッチをして働いていました。それをみた患者さんから励ましの言葉を多くいただき、毎日励みになりました。これから知識、技術を一つ一つ習得し、患者さんと真摯に向き合い患者さんに合った看護を提供できる看護師を目標としています。患者さん、ご家族から「あなたが担当でよかった」と思ってもらえるような看護師さんになりたいと思っています。

    みなとメディカルを選んだ理由

     助産師学生の頃、正常分娩に立ち会い、妊娠期から産褥期まで関わらせて頂いたときに、ハイリスクのある産褥婦さん、新生児について学びスキルアップしたいという思いがありました。そのため、ハイリスクの分娩を取り扱い、周産期医療に特化している当院を選びました。

    どのような仕事をしているか

     4階北病棟の小児科で働いています。小児科では、子どもの成長発達や子どもの権利を尊重しながら、優しい声かけやプレパレーションや遊びを取り入れ、子どもが治療やケアを安全に受けられるよう看護を行っています。

    どのような看護師・助産師になりたいか

     小児科で子どもの成長発達に伴う看護を学び、将来的に産科で助産師として妊産褥婦さん、新生児と関わりたいです。すべての”お母さん”に「産んでよかった」と思ってもらえるように支援することができる助産師になりたいと思っています。

    看護師を目指したきっかけ

     私は小さい頃、喘息のためいつも病院で吸入していました。咳が出てきついとき、よく看護師さんが背中をさすりながら声を掛けてくれました。その姿を見て私もこんな風になりたいと医療職に憧れを持つようになりました。そして中学生の頃、進路を考えていく中で、生命の誕生に携わることができる助産師になりたいと強く考えるようになり、助産師を目指しました。

    みなとメディカルを選んだ理由

     当院は地域周産期母子医療センターで、正常からハイリスクまで幅広く取り扱っているため、高度な知識と技術が学べると思いました。
     また、当院へ病院見学に来た際は、スタッフが気さくに声を掛けてくれました。スタッフが優しく働きやすい環境というのは、仕事を続けていくうえでとても重要だと考え当院を選びました。

    どのような働き方をしていますか

     現在、私は3歳半の娘がいます。娘が3歳になるまでは当院の保育所へ預けながら働いていました。はじめは、仕事と子育ての両立ができるのかとても不安でしたが、まわりの方々のサポートがあり、今は楽しく仕事ができています。
     当院の保育所は、急なお産など定時で迎えに行けない場合でも、最大21時まで延長保育で対応してもらえ、安心して仕事に集中できるのが魅力です。

    看護師を目指したきっかけ

     私が看護師を目指したきっかけとなったのは両親の影響です。私の父は臨床検査技師であり、母は看護師をしています。
     私の妹は生まれつき障害を持っており、小さい頃からたびたび発作を起こしていました。私がまだ小学生だったある日、妹は強い発作を起こし、さらには呼吸が停止しました。その時、両親が懸命に救命処置を行っていた光景が今でも鮮烈に記憶にあります。私も将来誰かを救えるようになりたいと感じ、医療を志すようになりました。
     医療を志す中で、人の話を聞いたり、関わることに喜びを感じたため、患者様の一番身近な存在のひとつである看護師という職業を目指しました。

    どのような仕事をしているか

     私は現在、循環器・呼吸器の混合病棟で勤務しています。主に心臓カテーテル検査前後の看護や化学療法、呼吸器疾患、心不全治療における看護を行っています。
     忙しい病棟ではありますが、循環器と呼吸器は密接にかかわっており、命に直結する重要な科です。
     日々多くの学びを得ることができ、とてもやりがいのある仕事であると実感しています。

    どのような看護師になりたいか

     私は今年で4年目の看護師ですが、将来は緩和ケア認定看護師の資格を取得し、緩和医療に携わっていきたいと考えています。
     当院は地域がん診療連携拠点病院に指定されており、がん患者様の入院も多いため、緩和ケアについてしっかりと学び、患者様が患者様らしくいられるように支援していくのが今の私の目標です。


     先輩看護師

      築城 祐子

    みなとメディカルを選んだ理由

     私は県外に進学しましたが、生まれ育った長崎のために働きたいという気持ちがありました。そこで、地域に根ざした医療、看護を行っていること、地元が近く、子どもの頃からお世話になっていた病院であったことがきっかけでみなとメディカルを選びました。
     また、当院は教育プログラムが確立しており、新人の時期だけでなく、その後のサポートも充実しており、専門職者として成長できる環境が整っていることも魅力的でした。

    看護をするうえで大切にしていること

     患者さん、そのご家族の思いに寄り添う、ということを大切にしています。入院されている患者さんとそのご家族は、病状の事、今後の経過、退院後の事など、何かと不安を抱えていることが多いと思われます。その思いを傾聴し、できるだけその思いに応えることができるようサポートし、入院生活、退院後の生活をできるだけ快適に過ごしていただけるようにしたいと考えています。

    就職希望者へのメッセージ

     教育体制が整っていることはもちろんですが、忙しいなかでもスタッフが皆明るく、いきいきと働いています。本当に働きやすい職場環境が整っている病院だなと思います。
     ぜひ一緒にみなとメディカルで働きましょう。

  • 説明会・病院見学会
  • ページのトップへ