認定看護師のご紹介

  • ホーム
  • 認定看護師のご紹介
  • 認定看護師のご紹介

    当院の認定看護師数(2017年4月現在)

    特定看護師 1 がん化学療法看護認定看護師 1
    緩和ケア認定看護師 1 救急看護認定看護師 2
    糖尿病看護認定看護師 1 感染管理認定看護師 1
    皮膚・排泄ケア看護認定看護師 2 がん放射線療法看護認定看護師 1
    慢性呼吸器疾患看護認定看護師 1 摂食・嚥下障害看護認定看護師 1
    新生児集中ケア認定看護師 1 透析看護認定看護師 1
    脳卒中リハビリテーション看護 1

    その人らしく穏やかな生活を送っていただくために

    糖尿病看護認定看護師/山下 理恵

     糖尿病は、生涯に渡り付き合って行かなければならない疾患です。糖尿病看護では、専門性の高い知識と技術を用いながら、糖尿病の発症・悪化を防ぐと共にその人らしく健やかな生活を継続できるように、療養生活を支援する役割を担っています。糖尿病を持ちながら生活されている皆様の苦労を理解し、出来る事を共に考え実施できるように支援を行っています。また、下肢疾患を予防するため、フットケアを提供しています。

    患者・家族・全ての来院者、そしてスタッフの医療関連感染を予防したい 

    感染管理認定看護師/森 英恵

     医療関連感染とは、病院内で起こる感染の事で、全ての人々に危険や苦痛を与えます。全ての人に、正しい知識を持っていただき、感染を防止するシステムを強化していきたいと思っています。そして、病院内感染を予防し、快適な入院環境や働きやすい職場の提供につなげていきたいと考えています。また、近年は街なかでの感染症も変化しており、近隣の病院と連携を取り、情報や知識を共有して地域の感染予防にも力を入れていきたいと思っています。

    安心して治療を受けられるように

    がん放射線療法看護認定看護師/吉田 昌子

     原爆や福島原発であまり良くない印象がある放射線ですが、手術や化学療法と合わせてがん治療の3本柱の一つと言われています。治療技術の進歩により、より高度で安全な治療が行えるようになってきており、がん患者さんの多くが治療過程で放射線治療を受ける時代になりつつあります。目的とした治療効果が最大限に得られるように、また、患者さんとそのご家族が安心して、主体的に治療に取り組むことができるように支援していきたいと思っています。

    笑顔で支える

    皮膚・排泄ケア認定看護師/森 智美

     皮膚・排泄ケア認定看護師は、Wound(創傷)0stomy(ストーマ・瘻孔)Continence(失禁)の3領域を専門とする看護師です。現在外科外来に所属し、第2・4水曜日午前中はストーマ外来を行っています。また、便・尿失禁などに関する皮膚障害の予防対策や、褥瘡対策チームと連携を取りながらリンクナースとともに院内の褥瘡予防・治療ケアに取り組んでいます。皮膚や排泄に関わるケアは日常生活を送る中で看護の基本となるものです。患者さんが入院から在宅に至るまで安心して快適な生活が送れるよう、支援していきたいと思っています。

    治療と生活の質のバランスを大切に

    がん化学療法認定看護師/小坂 幹子

     「がん化学療法看護」は、看護師が抗がん剤の投与に携わり、直接治療に係るという点で、がん看護の中でも特異な分野です。現在は外来でも治療可能なケースが増えており、患者様が安全に治療を受けられるよう投与管理や副作用対策を行っています。また、さまざまな苦痛や苦悩を抱えて長い治療期間を過ごしておられる患者様に対し、身体の症状だけでなく、治療と生活の質のバランスを整えるための支援を心がけています。

    出来ることを最大限に

    救急看護認定看護師/石井 美保子

     救急看護が展開できる場面は多くあります。救急の受け入れや病院内での急変だけではなく、プレホスピタルの場面や東日本大震災のように、予測できない大きな災害や事故に遭遇する可能性もあります。救急の場面では、冷静に判断し、迅速に行動してゆかなければなりません。どのような場面でも、看護展開ができるように、自己研鑽していきます。

    患者さんとご家族の思いに寄り添いながら

    慢性呼吸器疾患認定看護師/水頭 りえ

     慢性呼吸器疾患看護は、COPDや喘息、間質性肺炎などの慢性の呼吸器疾患の方を対象としています。慢性呼吸器疾患は、長期にわたる療養になるため、患者さんご自身のセルフケアの継続が必要です。病気を持ちながらも、患者さんが自分らしい生活を送れるように、よりよい方法を患者さんとご家族とともに考え、調整していきたいと思っています。療養を続けるなかでは、様々な困難もありますが、その時々の患者さんとご家族の思いに寄り添った支援を心がけていきたいと思っています。

    「食べたい」思いを支えるために

    摂食・嚥下障害看護認定看護師/山口 美菜子

     摂食・嚥下障害とは脳神経系の障害や口腔・咽頭の解剖学的な異常によって「口から食べる」ことが障害されることを言います。「食べたい」という思いを持ちながらも食べることが困難となった患者さんのために、どうしたら安全に口から食べることができるのか、食べるための全身状態を整えるところから支援していきます。一人でも多くの患者さんに「食べる喜び」を与えることができればと思っています。

    その人らしさを大切に

    緩和ケア認定看護師/根〆 詩織

     現在、2人に1人ががんと診断され、3人に1人ががんで亡くなっています。緩和ケアは、がんと診断された時から行う、身体的・精神的なさまざまな苦痛をやわらげるためのケアです。患者さんやご家族が、笑って、語って、食べて、眠って、かけがのない日々をその人らしく過ごしていけるよう、寄り添い支えていきたいと思います。

  • 説明会・病院見学会
  • ページのトップへ