教育プログラム

  • ホーム
  • 教育プログラム
  • 教育プログラム

    当院ではクリニカルラダ―制を導入し、臨床看護実践能力の向上のため様々な教育、研修を行っています。

    長崎みなとメディカルセンター クリニカルラダーシステム

    ひよこコース:(新人)

    到達目標

    1.社会人としての基本的マナーを身につける。
    2.病院及び看護部の理念目標を理解し、職場に円滑に適応できる。
    3.看護を安全に提供できるため看護実践能力を身につける。

    (1)新人研修
    (2)看護倫理研修
    (3)接遇研修
    (4)緩和ケア研修(はじめの一歩コース)
    (5)防火避難訓練

    クリニカルラダーレベルⅠ

    到達目標

    1.患者の個別性に合わせた看護計画の立案・実践ができる。
    2.急変に対応できるような知識・技術を習得し実践することができる。
    3.組織やチーム内で自分の役割を認識しメンバーの一員として行動できる。

    (1)フィジカルアセスメント①呼吸 ②循環
    (2)ファーストエイドコース
    (3)リーダーシップ
    (4)看護倫理Ⅰ(概論)
    (5)看護倫理Ⅱ(グループワーク)
    (6)緩和ケアの基礎Ⅱ(4回シリーズ)
    (7)がん看護Ⅰ ・病理、がん患者の理解
               ・がん化学療法と看護
    (8)看護課程
    (9)シュミレーション研修Ⅰ
    (10)シュミレーション研修Ⅱ
    (11)他部署研修
    (12)ケースレポート作成
    (13)事例検討

    クリニカルラダーレベルⅡ

    到達目標

    1.専門領域において新しい知識・技術の開発をおこない、看護の質を高めることができる。
    2.看護倫理に基づいて行動できる。
    3.研究チームの一員としてその一部を担うことができる。

    (1)呼吸管理Ⅰ
    (2)呼吸管理Ⅱ
    (3)褥瘡予防
    (4)がん看護Ⅱ
     ・がん医療の動向
     ・放射線治療と看護
     ・手術療法と看護
    (5)緩和ケア応用編Ⅰ(2回シリーズ)
    (6)栄養管理
    (7)糖尿病患者の理解とケア
    (8)看護研究

    クリニカルラダーレベルⅢ

    到達目標

    1.患者を取り巻く家族や地域に目を向けた看護計画が立案でき、適切な看護が提供できる。
    2.看護部・部署目標を理解し達成に向けてリーダーシップを発揮できる。
    3.後輩・学生に対して教育的役割を果たすことができる。

    (1)緩和ケア応用編Ⅱ
    (2)退院支援
    (3)メンタルヘルスケア
    (4)コーチング

    クリニカルラダーレベルⅣ

    到達目標

    1.部署全体の業務を把握し円滑に遂行できるよう調節ができる。
    2.看護部の理念と方針に基づき、部署の管理者として病院経営への参加意識を持つ。
    3.専門性を追求し自己実現を目指すことができる。

    (1)DPC
    (2)労務管理
    (3)コンフリクトマネジメント

  • 説明会・病院見学会
  • ページのトップへ