教育プログラム

  • ホーム
  • 教育プログラム
  • 教育プログラム

    当院ではクリニカルラダ―制を導入し、臨床看護実践能力の向上のため様々な教育、研修を行っています。

    長崎みなとメディカルセンター クリニカルラダーシステム

    ラダー別研修

    対象 研修名
    新人 (1)入職時オリエンテーション
    (2)医療安全・感染管理
    (3)食事援助技術(食事介助・経管栄養)
    (4)排泄援助技術(膀胱留置カテーテル挿入・管理) 
    (5)活動・休息援助技術(車いす移動、ストレッチャー移送)
    (6)清潔・衣生活援助技術(口腔ケア)
    (7)呼吸・循環を整える技術(酸素吸入療法・吸引・気管内挿管の準備と介助・輸液ポンプ、シリンジポンプの取り扱い)
    (8)与薬の技術(処方せんの読み方、取り扱い・静脈注射・輸液管理・輸血管理)
    (9)褥瘡管理Ⅰ
    (10)がん看護Ⅰ(抗がん剤の取り扱い、放射線曝露、緩和ケア、エンゼルケア)
    (11)呼吸・循環管理Ⅰ
    (12)フィジカルイグザミネーション
    (13)シミュレーション研修(急変の気づき・急変対応)
    (14)メンバーシップ研修
    2年目 (1)緩和ケア基礎Ⅱ(症状マネジメント)
    (2)他部署研修
    (3)ケーススタディ
    (4)シミュレーション研修(急変Ⅱ)
    3年目 (1)褥瘡管理Ⅱ ※
    (2)事例研究
    (3)シミュレーション研修(リーダーの役割)
    ラダーⅠ (1)医療安全事例検討 ※
    ラダーⅡ (1)リーダー研修①
    (2)リーダー研修②
    ラダーⅢ (1)退院支援
    ラダーⅣ (1)管理者のアンガーマネジメント
    全体 (1)BLS
    (2)看護必要度
    (3)看護記録
    (4)部署別ケースワーク
    (5)レポートの書き方①
    (6)レポートの書き方②
    (7)アンガーマネジメント
    (8)統計・分析
    (9)看護研究
    指導者 (1)プリセプター研修
    (2)教育担当者研修
    (3)臨地実習指導者研修
    専門領域 年間4~5領域開催予定
    (1)がん看護
    (2)緩和ケア
    (3)皮膚・排泄ケア
    (4)糖尿病看護
    (5)救急看護
    (6)慢性呼吸器疾患看護
    (7)摂食嚥下障害看護
    (8)透析看護
    (9)感染管理
    (10)脳卒中リハビリテーション看護
    (11)新生児集中ケア
    (12)心不全看護
    (13)認知症看護
    看護補助者 (1)医療制度の概要・病院の機能
    (2)看護補助者の役割と心構え
    (3)感染管理
    (4)医療安全
    (5)日常生活援助
    (6)倫理的問題
    (7)高齢者・認知症患者の理解

    ※全員対象

    学習環境

    シミュレーションラボ

     シミュレーションラボには、看護師だけでなく、医学部学生、研修医、その他メディカルスタッフがいつでもトレーニングできるように様々なシミュレーション機器を取り揃えています。
     新人看護師はラボで静脈注射や膀胱留置カテーテル挿入などの技術訓練を行っています。(貸し出しも可能)
     また、認定看護師によるBLSや二次救命処置などのトレーニングも実施しています。

    e-ラーニング(ナーシングスキル)

     ナーシングスキルとは、臨床において様々用いられている標準的な看護手順を確認・習得するためのオンラインツールです。iPadやスマートフォンで、自宅や通勤時でも学習ができます。
     初めて行う看護技術や診療の補助業務など部署のパソコンで見ることができます。電子カルテにも看護手順として登録してあります。さらには、集合研修の事前学習として活用しています。
     平成30年からは動画講義も取り入れ、学習への活用場面がより広がりました。

    ページのトップへ