看護部のご紹介

  • ホーム
  • 看護部のご紹介
  • 看護部のご紹介

    看護部理念

    一人ひとりと真摯に対応し、安心と信頼を得られる看護を提供します。

    基本方針

    1. 患者さんの意志と権利を尊重し、患者さんの自己決定と自立への支援を行います。
    2. 専門職として主体的に自己研鑽し、安心・安全で信頼される看護を実践します
    3. 看護職としてのやりがいと誇りをもてる環境を創ります。
    4. 看護の専門性を発揮し、チーム医療を推進します。
    5. 効率的かつ健全な病院経営に参加します。

    看護体制

    入院基本料7:1看護配置

    看護方式

    パートナーシップ・ナーシング・システム(PNS)

     PNSでは2人の看護師がパートナーとなって看護活動を行っています。
     2人は良きパートナーとしてお互いの特性を活かし、相互に補完し協力し合って毎日の看護ケアをはじめ、病棟内の係の仕事に至るまですべて補完をしながら活動しています。

    看護単位

    16単位

    勤務体制

    変則2交替制 

    看護記録

    POSによる記録

    看護部の組織図

    看護部の組織図はこちらをご覧ください。看護部組織図

    チーム医療の推進

    当院では、チーム医療を推進しており、看護師も様々な取り組みに参加しています。

    1.緩和ケアチーム

     緩和ケアとは、生命を脅かす疾患に伴うつらさを改善するための医療です。当院では毎週木曜日に医師、薬剤師、看護師等が集まり、緩和ケアカンファランスを行っており、看護部からも認定看護師1名が緩和ケアチームとして活動しています。

    2.NST(栄養サポートチーム)

     NSTでは、患者さんへ適切な栄養管理を行うためにチーム医療として取り組んでいます。看護部からも11名がこのNSTのメンバーとして活動しています。

    3.DMAT(災害医療派遣チーム)

     DMATとは、災害の急性期に活動できる機動性を持った、専門的な訓練を受けた災害派遣医療チームのことです。大規模な集団災害時において、いわゆる「避けられた災害死」を防ぐために活動します。当院でも4名の看護師がDMAT隊員となっています。

    4.ICTチーム

     医療機関関連感染対策(院内感染)のためには、病院として感染対策を行う必要があります。具体的な活動をチームで行っていく実動部隊がICTです。チームは感染制御医師、感染管理担当看護師、臨床検査技師、薬剤師、事務員で構成されています。院内ラウンドやサーベイランスを行い、医療関連感染を減少させ患者さんの療養環境を提供するために、互いの専門知識を活用し日々努力しています。

    5.褥瘡対策チーム

    6.糖尿病チーム

    7.摂食嚥下チーム

  • 説明会・病院見学会
  • ページのトップへ