看護部長のご挨拶

  • ホーム
  • 看護部長のご挨拶
  • 看護部長のごあいさつ

    副院長・看護部長

    荒木 輝美

    ようこそ!看護部のホームページへ!
    ご覧いただきありがとうございます

     長崎みなとメディカルセンターは、病床数513床、35診療科を有し、がん・心疾患・脳血管疾患などの高度急性期医療、24時間体制の救急医療、小児・周産期医療、政策医療(災害医療・結核医療・感染症医療)の5つの柱を中心に地域の医療機関と連携し、患者さんとそのご家族から、職員とその家族から、そして地域から信頼され、愛される病院となることを目指し、安心安全な医療の提供に努めている病院です。新築移転から1年が経過しました。

     看護職員の働きやすい職場環境と患者さんとそのご家族の心に寄り添う看護の実践力強化と専門性の向上に努めています。
     具体的には、入院基本料7:1の看護配置やPNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)の看護体制、変則二交替制勤務、ワークライフバランスを取り入れ、安心して生き生きとやりがいをもって働く環境をつくること。また、職員一人一人が看護の専門職として志を高くもち、感性を磨き、人としても成長できるようクリニカルラダー制度の教育体制やシミュレーションラボ、e-ラーニングの活用、チーム医療の要として活躍する専門・認定看護師への支援や育成にも力を注いでいます。
     もちろん、私たちの後輩となる看護学生の臨地実習施設としてモデルとなる看護・助産の実践を行い、魅力ある教育環境つくりを行っています。

     一人ひとりと真摯に対応し、安心と信頼を得られる看護を提供できる環境をつくっていくことが私の使命と考えています。

    副院長・看護部長
    荒木 輝美

  • 説明会・病院見学会
  • ページのトップへ